授乳中の親知らず抜歯について|治療相談集|港区・乃木坂で口腔内のトータルケアを行なう歯医者 LINO DENTAL OFFICE リノ デンタル オフィス 

「乃木坂駅」徒歩1分 「六本木駅」徒歩4分
月〜金 10:00〜13:00、14:00〜18:00

tel.03-5843-0113

CONSULTATION 治療相談集

相談内容

授乳中の親知らず抜歯について

2019.12.26 20代 女性

右下の親知らずの抜歯を考えておりますが、只今、4ヶ月になる乳児がいます。麻酔や痛み止めを飲むことを考えるといつ行けばよいのか悩んでいます。4月から仕事も始まるので、その前にと考えていますが、何か良い方法があれば教えて下さい。

担当医の回答

こんにちは。LINO DENTAL OFFICEの及川麻奈です。

ご相談のメールありがとうございます。

授乳中であり親知らずのことでお悩みですね。赤ちゃんへの影響を心配されるお気持ちお察しいたします。

通常の抜歯の際、局所麻酔の薬はお子様には影響しないので、ご安心ください。

授乳中に抜歯をして問題になるのは術後の抗生物質(化膿止め)と鎮痛剤(痛み止め)のことかと思います。

術後これらの薬が必要になる期間は約3日から7日間です。その間、母乳にお薬が移行する可能性があるので注意は必要です。

ただ、多くのお薬は母乳へ移行しますが、その移行する量は非常に少ないことがわかっており、赤ちゃんに影響する可能性は低いです。

もし、それでも心配であれば

母乳栄養のメリットと母乳中に移行したお薬による赤ちゃんへの影響といったデメリットを正しく理解した上で、母乳を継続するか、一時的に中止するか断乳するかを決めるべきと考えられます。

どれくらいの期間、お薬が必要になるかは、親知らずの状態によって違いますし、レントゲン等の検査をさせていただければおおよその予測はつきます。そのうえで抜歯する時期などを相談したほうがよいかもしれませんね。

比較的簡単な抜歯であれば、お仕事が始まったあとでも負担なくできると思います。

歯の状態をみたうえで色々とご相談にのらせていただければ幸いです。

きっと納得ができるいい解決法がみつけられると思います。

またご心配なこと、ご質問がございましたら遠慮なくご連絡ください。

 

無料カウンセリング
診療カレンダー